新着情報

2015.06.01 しゃぶしゃぶ「しゃぶ一」新規オープン詳しくはマップ

2014.06.16 串本料理居酒屋「ゑん」新規オープン詳しくはマップorこちら

2014.02.01 山口県料理「ヤムヤム」新規オープン詳しくはマップorこちら

2013.05.13 鶏料理とごはんの美味しい「居酒屋 神楽」 新規オープン

2013.03.23 「パスタとピザのジャカッセ」新規オープン詳しくはマップorこちら

2012.09.15 新規店舗オープン「淡路島料理とやきとりの店 あぶり家 空(そら)」 詳しくはマップorこちら

2012.05.17 5/20の産経新聞に船場女将小路の情報が掲載されます。 詳しくはこちら

2012.05.01 食べログができました。こちらから

>>新着情報一覧はこちらから

秋の飲食店起業家大募集

綺麗で、丁寧なおもてなしの街

現在も懐かしい町並みがそのまま残る大阪屈指の商業街『船場』。
船場繁栄の歴史は、1583年(天正11年)豊臣秀吉が大阪城を築城するときに、多くの商業者を呼び集めたことから始まり、呉服店、料亭、金物屋など、多くの商店が建ち並ぶ現在の船場ビジネス街の礎(いしずえ)は、この時に築かれました。

以後、商売の街として栄えた船場は、商人達の憧れの地となり、ここで商いをおこなう事は大阪商人にとって非常に誇りあるものになりました。しかしその為、船場で商人として大成するには、商学を始め、振る舞いや言葉遣いなど、多くの事を身に付ける必要があり、そのひとつに「船場言葉」というものがあります。この、京都と大阪の言葉を併せたような船場言葉は、お客様に対する船場商人の気持ちが表れた、とても美しく丁寧な言葉です。

歩くだけでもその雰囲気が十分楽しめる、おもてなしの文化が根付く街、船場。そんな古き良き伝統と、モダンな建物が調和したこの街に、新しくもどこか懐かしい「船場女将小路」が誕生します。

大阪を船場から元気に!

大阪には粉もん以外にも美味しいものがたくさんあります。「食の都 大阪」その中心地である船場から大阪を元気にしたい!!
そんな思いから10店舗が集まりました。

大阪産(もん) 大阪産(もん)の食材を使用しています

※船場女将小路は茶屋小路とは一切関係ございません。